「替刃は高い!」T字カミソリの替刃を劇的に安くする裏技 | 替刃の節約術

T字カミソリの寿命を長くする「レイザーピット」

T字カミソリの替刃を劇的に安くする裏技

 

お得に生活していますか!?「タク」です。

 

大学生の時はヒゲがボーボーでも許されていましたが、社会人になると自分のヒゲを剃るのはエチケットです。

 

 

サラリーマンへの方はヒゲを剃らず、会社に行くのはなかなか難しいですよね。社畜の辛いところです・・・

 

私は大学生になる頃からT字カミソリをずっと使っていますが・・・

 

T字カミソリの「替刃」ってなんであんなに高いのでしょう?

 

っていつも思います。今回はT字カミソリの替刃の料金を安くする裏技をご紹介します。

 

実は、T字カミソリの寿命を長くする「レイザーピット」を利用すると、替刃の節約にもなり、劇的にお得になるのです。

 

T字カミソリの寿命を長くする「レイザーピット」

公式サイトはこちら

 


男性が一生に使うT字カミソリの「替刃」の料金はいくら!?

皆さん、T字カミソリを毎日使うとして、いったい一生に使う「替刃」の料金はいくらになるでしょうか?

 

 

誰も計算したことがないと思うので、男性が一生に使う「替刃」の料金を計算してみました。

 

1年で使う「替刃」のお金は?

私が愛用しているT字カミソリの「ジレット フュージョン5+1」で計算します。

「ジレット フュージョン5+1」は、替刃8個入りで「2,209」円になります。(※2018年5月12日時点での値段)

 

1個あたりの値段は

2,209  ÷ 8個 = 276.125円

替刃1個の値段は「276」円です。

 

ジレットの公式ページを見るとスムーサーの色が白くなったら交換時期で、最長で1ヶ月使っても大丈夫とのこと。

 

 

私の経験上、3週間程度で白くなるので『3週間に1回』替刃を交換すると仮定します。

1年は52週なので、1年に必要な替刃は約17個になります。これに1個の「替刃」の値段をかけます

 

276円 × 17個 = 4,692円

1年で必要な替刃の料金は「4,692」円です。

男性が一生で使う「替刃」の合計料金

 

20歳からT字カミソリを使い始めたとして男性の平均寿命の80歳まで、60年間、T字カミソリを使ったとして、いくらになるか計算してみましょう。

 

4,692円 × 60年 = 281,520円

 

男性が一生で使うT字カミソリの替刃のお金は

 

281,520円

 

になりました。結構高いですね。

 

この一生にかかる「替刃」の料金を劇的に安くしてくれる節約グッズが「レイザーピット」という商品です。

T字カミソリの寿命を長くする「レイザーピット」

公式サイトはこちらから

「レイザーピット」の特徴

「レイザーピット」はT字カミソリの砥石です。包丁は切れ味が悪くなっても、買い替えませんよね。

 

「レイザーピット」の商品を詳しく知りたい方は公式サイトはこちら

 

それと同様にT字カミソリも「レイザーピット」を使って、切れ味を復活させるれば良いのです。

 

「レイザーピット」を使うとなんと!「替刃」の寿命が約5倍になります。

 

「レイザーピット」はデンマーク発のブランド商品です。世界50ヶ国以上で販売されており、韓国では累計70万個も売れている大ヒット商品です。 

 

使用できるT字カミソリのブランド

刃数・ブランド問わず、全てのカミソリに使用することが可能です。

 

「レイザーピット」の使用方法

「レイザーピット」の使用方法は簡単です。硯(すずり)のような形の「レイザーピット」本体に、カミソリの刃を押し当てて滑らせるだけです。

 

「レイザーピット」の使用方法

 

詳しくは「レイザーピット」公式ページをご覧ください公式サイトはこちら

 

「レイザーピット」を使った場合の「替刃」の料金は、いくらお得に?

「レイザーピット」を使うと「替刃」が5倍も長持ちします。これまで3週間で交換していた「替刃」が「15週」に伸びたと仮定します。

 

すると1年で替刃の交換が4回程度で済みます。

 

276円(替刃1個の値段) × 4回 = 1,104円

1年で使う替刃の料金は「1,104」円です。

 

そして一生で使う替刃のお金は

1,104円 × 60年 = 66,240円

 

「レイザーピット」を使用した場合、男性が一生で利用するT字カミソリの替刃のお金は「66,240」円になりました。

 

「レイザーピット」を使った場合、使わない場合の料金比較

「レイザーピット」でT字カミソリの「替刃」を長持ちさせた場合と、使用しない場合の、一生に使う費用の違いを最後に計算しましょう。

281,520円 ー 66,240円 = 215,280円

なんと!

 

「215,280」円

 

あくまで概算ですが、「215,280」円も、お金を節約できることが分かりました。これに「レイザーピット」の本体の料金を払う必要があります。

 

 

余ったお金で、自分の趣味や欲しいものを買う費用あてられます

「レイザーピット」公式ページで販売されている3種類の違い【まとめ】

「レイザーピット」公式ページで販売されている3種類の違い

 

「レイザーピット」の公式ページには、3種類の商品が売られています。

 

3種類の違いは、T字カミソリを置くスタンドや、「レイザーピット」本体の専用ホルダーが付いているだけです。

 

レイザーピット「本体」だけが欲しい場合は、イチバン価格の安いエントリータイプの「Razorpit 3.0 カミソリ刃クリーナー」を購入すれば、問題ありません。

 

ちょっと分かりづらいかも知れませんが、公式ページの3種類の中でイチバン下にある商品です。価格もイチバン安いです。

 


【Razorpit 3.0 カミソリ刃クリーナー】

 

3種類の特徴を表にしてまとめました。

Razorpit 3.0 Premium

本体ににカミソリスタンド機能が付いたモデル
RAZORPIT3.0 テネオ

レイザーピット本体、カミソリ、替え刃を収納するホルダーが付いたモデル
Razorpit 3.0 カミソリ刃クリーナー

レイザーピット本体のみ

 

「レイザーピット」を利用して、一生にかかる「替刃」のお金を節約

「替刃」の寿命を長くして、切れ味を復活さえる「レイザーピット」を使用すれば、一生にかかるT字カミソリの「替刃」のお金を節約できます。

 

「レイザーピット」は価格もイチバン安いエントリータイプの「Razorpit 3.0 カミソリ刃クリーナー」がオススメです!

T字カミソリの寿命を長くする「レイザーピット」

公式サイトはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加