「Surface Pro」と「book」どっちを選べば良い?【比較レビュー】

「Surface Pro 6」と「Surface book 2」どっちを選べば良い?【体験比較レビュー】

マイクロソフトの「Surface(サーフェス)」がほしいけど・・・

 

 

「Surface Pro 6」と「Surface book 2」どっちを選べば良い?

 

 

と、迷われる方もいらっしゃるでしょう。

 

今回メーカーから、2018年10月に発売された「Surface Pro 6」、そして2018年4月発売の「Surface book 2(15インチ)」をお借りすることができました。

 

「Surface Pro」と「Surface book」どっちを選べば良い?【体験比較レビュー】

 

↑グレーのパソコンが「Surface book 2(15インチ)」、黒いパソコンが「Surface Pro」です。

 

 

実際に利用してみて、私の視点から「Surface Pro 6」と「Surface book 2(15インチ)」

 

【目的別】に、どっちを選べば良いか検証レビューしました。

 

 

Surfaceシリーズの違いについては、以下の記事を参照してください。

 

 

 


今すぐスペックをチェック!

「Surface Pro 6」公式サイト

icon

「Surface Book 2」公式サイト

icon

モバイル性を取るなら断然「Surface pro 6」

それぞれの重さは以下の通りです。

 

Surface Pro 6 770g(タイプカバー込みで1kg)
Surface book 2 1,905 g(タブレットのみ800g)


「Surface book 2」は「Surface Pro 6」の大きさ違い

 

↑黒のパソコンが「Surface Pro 6」、グレーのパソコンが「Surface book 2」です。「Surface Pro 6」はB5ノートくらいの大きさです。

 

 

「Surface book 2」は「Surface Pro 6」は二回り大きくなります。

 

「Surface book 2(15インチ)」はバックパックにギリギリ入る

 

↑「Surface book 2」はバックパックに入れるようとしたら・・・ギリギリの大きさでした。外に持ち運ぶことが頻繁にあるなら、断然「Surface pro 6」が良いです。

 

 

とはいえ、「Surface book 2(15インチ)」を持ち出せないわけではありません。キーボードを着脱ずればタブレットのみ800g前後です。

 

また「Surface book 2」には「15インチ」よりも一回り小さい「13.5インチ」もあります。

 

 

「13.5インチ」を選べば、モバイル性はあがります。


頻繁にキーボード入力が必要なら、目的に合わせて選ぶ

キーボード入力が必要な場合は、「Surface Pro 6」は別売りのタイプカバーが必要です。

 

外でのキーボード入力が多いのなら、モバイル性の高い「Surface Pro 6」とタイプカバーを持ち歩きましょう。

 

自宅でのキーボード入力が多いのなら、「Surface book 2」がオススメです。

 

「Surface book2(15インチ)」のキーボードの操作性

 

↑「Surface book 2(15インチ)」のキーボードです。

 

「Surface book 2」のキーボードの操作性は、ノートパソコンと変わりません。

 

 

「Surface Pro 6」はタイプカバーなので、キーストロークが浅めです。


 


今すぐスペックをチェック!

「Surface Pro 6」公式サイト

icon

「Surface Book 2」公式サイト

icon

雑誌を読むのが捗るのは「Surface book 2」

「Surface book 2(15インチ)」は大判の女性ファッション雑誌もキレイな画像で楽しめる

 

「Surface book 2(15インチ)」のディスプレイの解像度は「3240 x 2160」です。画面も大きいので、大判の女性ファッション雑誌もキレイな画像で楽しめます。

 

また15インチの美麗な液晶なので、大判のファション雑誌や美術書を見るのを適しています。

 

 

「Surface Pro」と「Surface book」のタブレットを比較

 

↑「Surface book 2(15インチ)」と「Surface Pro 6」のタブレット部分の大きさを比較しました。

 

「Surface book 2(15インチ)」はずっと手に持っておくには重いので、漫画を読むなら「Surface Pro 6」の方が読みやすいかもしれません。

専門的にイラスト絵を描くなら「Surface book 2」

「Surface book2(15インチ)」の「Surface ペン」の書き心地が良い

 

絵やイラストを専門に描く人であれば、大判ディスプレイの「Surface book 2(15インチ)」が最適です。

【最後に】どっちか迷っているなら「Surface pro 6」

【最後に】どっちか迷っているなら「Surface pro 6」

 

「Surface book 2」は高性能マシンということで値段も高いです。目的を決めないと持て余すほどの高スペックです。

 

 

「Surface book 2」を趣味だけに利用するにはもったいないかもしれません。


 

「Surface」シリーズを初めて購入する方で、迷っている方であれば、「Surface pro 6」を選びましょう。

 

「Surface pro 6」はスタンダードモデルです。「Surfaceシリーズ」のいいとこ取りで、値段も手頃です。

 

 

勉強や仕事などで外での作業が多い人は「Surface pro 6」、

 

動画編集など高スペックパソコンが必要で、なおかつタブレット端末として持ち歩く場合は「Surface book 2」がオススメです。

 

 

これだけでは判断できない方はどちらも個別に詳細レビュー記事を書きましたので、気になる方はチェックしてください!

 

 

 

そして学生の方は「Surface」シリーズを学割で購入できます!

 

 

 


今すぐスペックをチェック!

「Surface Pro 6」公式サイト

icon

「Surface Book 2」公式サイト

icon

 このエントリーをはてなブックマークに追加