ふるさと納税の効果は?「ふるなび」利用で「Amazonギフト券」がもらえる!

【2019年決定版】ふるさと納税サイト「ふるなび」利用で3%の「Amazonギフト券」がもらえる!

ふるさと納税の返礼品でで喜ぶ女性

 

節税対策のために「ふるさと納税」をしましょう!

 

 

「ふるさと納税」をしていない方は、圧倒的に損をしています!

 

 

「ふるさと納税」を申し込めるポータルサイトはたくさんありますが、さらに「ふるなび」を経由すると・・・

自治体からの返礼品にプラスして「ふるなび」から寄付金額に応じた「Amazonギフト券 コード」

 

が、もらえてお得です!

 

※通常は寄附金額の1%ですが、キャンペーン期間によっては3%、4%になる場合もあります。

 

 

 

ふるさと納税は「ふるなび」を利用するだけで、プラスで「Amazonギフト券 コード」がもらえるので、お得です!


 

今回は「ふるなび」で「ふるさと納税」すると、どれぐらいお得になるか?解説します。

 


今すぐ「ふるなび」で返礼品を見るなら!

「ふるなび」公式

当サイトおすすめ返礼品は「ふるさと納税」返礼品ランキング

 

ふるさと納税サイト「ふるなび」とは?

「ふるなび」とは、「ふるさと納税」を実施している自治体の返礼品を探すことができるポータルサイトです。

 

「ふるさと納税」を実施している自治体と直接取り引きできることもありますが、自分の好みの返礼品を探したり、いくつかの自治体の返礼品が欲しい場合はポータルサイトを利用すると便利です。

 

「ふるなび」を利用すれば、さらに金額に応じて「Amazonギフト券」がもらえます。

 

「ふるなび」で「Amazonギフト券 コード」がもらえる条件

「ふるなび」で「Amazonギフト券 コード」がもらえる条件が厳しかったら意味がありません。条件は以下の通りです。

 

  • ふるなび会員登録(登録無料)
  • 「ふるなび」を利用して寄附
  • クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済

 

 

それほど、ハードルの高い条件ではありません。クレジットカード払いなので、さらにカードのポイントが付いてお得です。


 

2019年の「ふるさと納税」の締切は?いつから、いつまで?

2019年、今年の締切期限は12月31日までです。

 

人気の返礼品は早期終了する場合があります。「ふるさと納税」をするなら早めに申込みましょう。

 

今すぐ、当サイトおすすめの返礼品をチェックする場合はこちらから!

 

当サイトおすすめ返礼品は「ふるさと納税」返礼品ランキング

 


今すぐ「ふるなび」で返礼品を見るなら!

「ふるなび」公式

ふるさと納税の仕組み、メリットは?【所得税控除、住民税控除、さらに返礼品】

まずは「ふるさと納税」の仕組みを説明します。

 

自治体に自分のお金寄付(納税)することで

 

自治体から返礼品がもらえるだけでなく、その年の所得税と、来年の住民税が控除

 

されます。

 

実質の負担額は「2000円」です。それを超える部分が、税金控除になり、返礼品がもらえる、とてもお得な制度です。

 

それに加えて、「ふるなび」を利用して「ふるさと納税」を行うと「Amazonギフト券 コード」がプラスしてもらえます!

 

 

 

「ふるさと納税」、そして「ふるなび」を利用していない人はかなり損をしています!


 

 

「ふるさと納税」する地域は自分で選べるので、好みの返礼品がもらえる自治体を決めて寄付できます。

 

「ふるさと納税」について詳しく知る「ふるさと納税とは」ふるなび公式

「ふるさと納税」は年収いくらから節税対策に?控除限度限度額は?【少なくても可能】

ふるさと納税で悩む女性

 

寄付することで受けられる控除の限度額、上限はありますが、収入が多い方が節税効果が大きいです。

 

とはいえ、年収150万の方でも節税対策になります。

 

年収150万の方でも「8,000円程度」、年収300万円の方は「2万8,000円程度」の「ふるさと納税」で節税対策になります。

 

 

※税金控除の限度額は、家族構成や共働きなどにより、異なります。

 

 

税金控除を受けるためには「ワンストップ特例制度」または「確定申告」が必要

税金の控除を受ける場合は「ふるさと納税 ワンストップ特例制度」を利用するか、確定申告が必ず必要になります。

 

サラリーマンの方で、確定申告をしていない方は「ワンストップ特例制度」を利用することで、簡単に税金控除が可能ですので、安心してください。

 

 

※毎年、確定申告をされている方は、「ワンストップ特例制度」は利用できません。

「ふるなび」のメリットは?「Amazonギフト券コード」がもらえて【還元率最大】

「ふるさと納税」は自治体のHPや直接問い合わせて、寄付できる場合もありますが、現在は「ふるなび」のようなポータルサイトを利用すると便利です。

 

 

ポータルサイト利用したほうが、好きな返礼品を検索できたり、簡単に申込みや決済ができたいりと、自治体との窓口をしてくれます。


 

「ふるなび」を利用するメリットは、好きな返礼品を探せて簡単に寄付ができることですが、最大のメリットは

 

 

「ふるなび」を利用することで還元率が最大になる

 

 

とういことです。

 

「ふるなび」を利用すると返礼品に加えて寄付金に応じた「Amazonギフト券コード」がもらえて還元率も最大になります。

 

例えば「ふるなび」を利用して10万円の寄付します

 

自治体から還元率30%の「返礼品」 + 「ふるなび」利用で寄付金3%の「Amazonギフト券 コード」

 

合わせると還元率が最大33%となります。(もちろん寄付金は税金控除できます)

 

 

※キャンペーン期間では3%の「Amazonギフト券」がもらえましたが、現時点(2019/06/03)は通常の1%に戻っています。

 


今すぐ「ふるなび」で返礼品を見るなら!

「ふるなび」公式

当サイトおすすめ返礼品は「ふるさと納税」返礼品ランキング

年収300万円の方が「ふるなび」からの「ふるさと納税」すると、どれぐらいお得?

例えば年収300万円の方が「ふるなび」から「ふるさと納税」したと仮定して、どれぐらお得になるか計算します。(※あくまで当サイト調べの情報です。)

 

「ふるさと納税」した場合のメリットは大きく3つあります

 

  1. 税金控除が受けられる
  2. 返礼品がもらえる
  3. 「ふるなび」から「Amazonギフト券 コード」がもらえる

 

3つ目が「ふるなび」独自のメリットになります。

 

【メリット1】税金控除が受けられる

あくまで目安になりますが、年収300万円の方なら「ふるさと納税」で控除が受けられる金額は2万8,000円程度です。

 

上限額の「2万8,000円」を「ふるさと納税」したとします。

 

実質の負担額は「2000円」なので

 

2万8,000円 - 2000円 = 2万6,000円

 

まずは「2万6,000円」の税金控除が受けられます。

 

【メリット2】返礼品がもらえる

寄付金額「2万8,000円」です。30%還元の返礼品がもらえる自治体に寄付したとすると

 

2万8,000円 × 30% = 8,400円

 

30%還元の自治体に寄付すれば「8,400円」の返礼品がもらえます。

 

【メリット3】「ふるなび」から「Amazonギフト券 コード」がもらえる

「ふるなび」を利用して「ふるさと納税」すれば、寄付金額に応じた「Amazonギフト券 コード」がもらえて、さらにお得です。

 

 

寄付金額が「2万8,000円」なので、「ふるなび」経由で3%の「Amazonギフト券 コード」がもらえると・・・

 

2万8,000円 × 3% = 840円

 

「ふるなび」から840円の「Amazonギフト券 コード」がもらえます。

 

※「Amazonギフト券 コード」の還元率は期間によって異なります。基本は1%です。

【最後に】「返礼品」がなくなる恐れあり!「ふるさと納税」はお早めに!

これまで「ふるさと納税」をされていない方は、一度検討してみてください!

 

「ふるさと納税」をしていない人は、かなり損をしています!

 

そして人気の返礼品は、今年の期限、2019年12月末に近づくにつれて、品切れになる可能性もあります。

 

 

 

欲しい返礼品がある場合は、早めの「ふるさと納税」をオススメします!


 

「ふるなび」を経由すると「Amazonギフト券 コード」がもらえるので、さらにお得です!

 

※通常は寄附金額の1%ですが、キャンペーン期間によっては3%、4%になる場合もあります。

 


今すぐ「ふるなび」で返礼品を見るなら!

「ふるなび」公式

当サイトおすすめ返礼品は「ふるさと納税」返礼品ランキング

 このエントリーをはてなブックマークに追加