新幹線の特大荷物のスーツケースとは?事前予約不要の大きさは160cm以下

【事前予約不要】新幹線に持ち込めるスーツケースのサイズは、棚に載せられる160cm以下

【事前予約不要】新幹線に持ち込めるスーツケースのサイズは、棚に載せられる160cm以下

 

新幹線に大型スーツケースを持ち込む場合は、事前予約が必要です。対象となる新幹線は「JR東海、JR西日本、JR九州」です。

 

160cmを超えるサイズのスーツケースは「特大荷物」に分類されます。追加料金は必要ありませんが、「特大荷物スペースつき座席」を事前予約しなければなりません。

 

事前予約なしで特大荷物を持ち込んだ場合、手数料1,000円(税込)が必要となるので注意してください!

 

 

これまでサイズを気にせずにスーツケースを持ち込んでいた方は注意してください!


 

 

事前予約せずに新幹線へ持ち込めるスーツケースは160cm以下です。160cm以下であれば、新幹線の棚に載せられるサイズとなります。

 

また、おおよそですが「国内線」の飛行機に持ち込めるサイズでも、新幹線の棚に載せられます。

 

事前予約が必要ないスーツケースをお探しの方は、以下よりチェックしてください。

 

※各通販サイトで160cm以下であることを、ご確認ください。

 

事前予約必要な特大荷物とは?大きさは「160〜250cm」

「特大荷物」とは3辺の合計、縦・横・高さを足して160cm超250cm以内の荷物のことです。

 

「特大荷物」は事前予約は必要になりますが、追加料金はかかりません。

 

特大荷物を置ける場所は、座席のイチバン後ろの「特大荷物スペース」になります。

 

「特大荷物スペース」とセットで発売する座席の事前予約が必要です。座席もイチバン後方の席になります。

 

3辺の合計が250cmを超えるスーツケースは、もともと持ち込めません。ただし大型でも250cm以内のスーツケースがほとんどです。

 

ベビーカー、楽器、スポーツ用具は対象外

3辺の合計が160cmを超えたとしても、以下の荷物は「特大荷物」として適用されません。

 

  • ベビーカー等
  • スポーツ用具
  • 楽器

 

ただし、列車後方にある「特大荷物スペース」を利用したい場合は、事前予約が必要です。

 

 

ベビーカーは事前予約は不要ですが、「特大荷物スペース」にベビーカーを起きたい場合は予約してください。


 

「特大荷物」は東海道・山陽・九州新幹線が事前予約の対象

事前予約の対象となるのは東海道・山陽・九州新幹線です。新幹線の種類は以下の通りです。

 

  • 東海道・山陽新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」
  • 山陽・九州新幹線「みずほ」「さくら」「つばめ」

「特大荷物スペースつき座席」の予約方法は?

「特大荷物スペースつき座席」の予約方法に特別なことはありません。

 

新幹線のきっぷが買える窓口(みどりの窓口など)、ネットで購入するエクスプレス予約・スマートEX、駅の券売機等でも「特大荷物スペースつき座席」を予約可能です。

まとめ

新幹線の「特大荷物」ポイントまとめ

 

大型のスーツケースを新幹線に持ち込む場合、事前予約が必須です。

 

事前予約なしで特大荷物を持ち込んだ場合は、手数料1,000円(税込)が取られるので注意してください。

 

「特大荷物」に指定されない160cm以下のスーツケース、もしくは国内線の飛行機に持ち込めるサイズであれば、事前予約は不要です。

 

 

 

事前予約が必要ないスーツケースをお探しの方は以下よりチェックしてください。


 

※各通販サイトで160cm以下であることを、ご確認ください。

 

新幹線のお得・節約ワザ【まとめ】

【予約が簡単、チケットが安い】新幹線のお得・節約ワザ、割引情報まとめ

新幹線のお得・節約ワザ、割引情報まとめ

 

国内旅行をお得にする方法

国内旅行を安くする方法!旅行のオススメ節約技・裏ワザのロゴ

国内旅行・家族旅行を安くする裏技

 このエントリーをはてなブックマークに追加