コスパ最強!マウス【m-book Jシリーズ】徹底レビュー!2018年商品

コスパ最強!マウス【m-book Jシリーズ】徹底レビュー!2018年商品

コスパ最強!マウス【m-book Jシリーズ】徹底レビュー

 

(※2019年4月27日追記)

 

この記事は、マウスコンピューターから2018年に発売されたノートパソコン「m-book Jシリーズ」のレビューです。

 

ただ現在でも「マウス」のノートパソコンは他のメーカーと同じスペックを比べても、1万円程度安く買える印象です。

 

以下、2018年の記事としてご覧ください!値段とスペックは2018年時点の情報です。

 

 

 

私が持っているノートパソコンは2014年に買った「HP 1000-1423TUベーシックモデル」です。

 

外で仕事をするときは約2.2kgの、この重たいA4サイズ(ディスプレイ14型)のノートパソコンを持ち歩いていました。

 

 

 

持ち運ぶには重いので、もう少し軽いノートパソコンが欲しいな〜っとずっと思っていました。


 

持ち運んで仕事をするために、以下の条件に合うようなノートパソコンを探していました。

  • B5サイズはタイピングしずらいからA4サイズが欲しい
  • 画面は14型ぐらい欲しい
  • 軽ければ軽いほうが良いけど重さは1.5kgぐらい
  • CPUは「Core i5」以上
  • できればSSD搭載のパソコン

 

するとの私の条件を満たして、さらに10万円以下の商品を見つけました。それが2018年1月に発売されたマウス(mouse)の「m-book Jリシーズ」でした。

 

 

 

今回なんと!マウスさんから「m-book Jリシーズ」のノートパソコンをお借りできることになりました!


 

 

コスパ的にも一番最強だと自分が思う「m-book J350SN-M2SH2」をお借りできたので、ファーストインプレッション、良いところ、悪いところ、を徹底レビューしました!

 


今すぐ【m-book Jシリーズ】をチェック!

マウス公式【m-Book Jシリーズ】

icon

マウスコンピューター「m-book」シリーズ違いのスペックまとめ

はじめにマウスコンピューターのモバイルノートシリーズの違いと、お借りした「m-book J350SN-M2SH2」スペックのまとめます。

 

【m-book Jシリーズ】はマウスのモバイルシリーズとして人気の【Luv Book Jシリーズ】の後継として、2018年の1月に新発売されました。最新CPUを積んだ進化したモデルになります。

 

マウスのモバイルシリーズの違い

マウスコンピューターのモバイルコンピューター(持ち運び用)として位置づけられているのは【m-Book】の「C」から「J」シリーズになります。

 

シリーズごとのスペックの違いは以下の通りです。

シリーズ

価格

ディスプレイ

Cシリーズ(11.6型) 34,800円 11.6型 HDノングレア解像度(1,366×768)
Jシリーズ(13.3型)エントリークラス 44,800円 13.3型 HDノングレア解像度(1,366×768)
Jシリーズ(13.3型)ハイエンドクラス 89,800円 13.3型 フルHDノングレア解像度(1,920×1,080)

 

(※2019年4月27日追記)

 

2019年時点では「Jクラス」がモバイルクラスとなっています。シリーズの詳細はマウス公式【ノートパソコン】のシリーズ
icon

「m-book J350SN-M2SH2」スペックまとめ

今回、お借りしたのはJシリーズ(13.3)ハイエンドクラスに位置付けされている「m-book J350SN-M2SH2」です。

OS

Windows 10 Home 64ビット

CPU

インテルR Core i5-8250U プロセッサー

メモリ

8GB

ストレージ

SSD「256GB」+HDD「1TB」

液晶

13.3型 フルHDノングレア(LEDバックライト)

重さ

約 1.5kg

標準バッテリー使用時最大

約 8.1時間

 

 

「SSD搭載」+「HDD搭載」で、価格は「99,800」円と、私の中ではコスパの高いパソコンだと思います。

 


 

※スペック、価格については2018年4月16日時点の情報です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。


今すぐ【m-book Jシリーズ】をチェック!

マウス公式【m-Book Jシリーズ】

icon

「m-book J350SN-M2SH2」ファーストインプレッション、徹底レビュー

最初の印象は?ファーストインプレッション

マウス【m-book Jシリーズ】白く美しい外観

 

マウスさんからパソコンが届いたので早速開封。白いボディが美しいです。片手で持ってみても、バッテリーを付けて1.5kgなので、軽いですね。

 

早速電源をオン!

マウス【m-book Jシリーズ】OSの立ち上がり

 

電源をぽちり、さすがSSD搭載、すぐにOSが立ち上がります。ファンの音も、いつ電源が入ったかもわからないくらいの音の小ささでした。OSの初期設定をすると、デスクトップの画面に。デスクトップにはショートカットの「ごみ箱」のみ。

 

もちろんwindowsボタンを押すとアプリケーションはたくさんでてきますが、ここまですっきりしたデスクトップは好印象です。

 

液晶画面も問題なし!「ノングレア液晶」は作業に集中しやすい

マウス【m-book Jシリーズ】見やすいノンブレア液晶

 

現在使っているHPのパソコンは「光沢液晶」でしたが、はじめての「ノングレア液晶」です。光の映り込みがなく、ものすごく作業がしやすい印象をうけました。フルHDの解像度は「1,920×1,080」で文句なしにキレイです。

 

ただし、液晶とキーボードの間に隙間があって、若干目線が上にいきがちですね。これは慣れの問題だと思います。ただ隙間の部分をなくして、画面を大きくするか、下の位置にしてくれれば良いのにと思いました。

 

キーボードのキータッチは?

マウス【m-book Jシリーズ】キーボードは?

 

キーストロークは浅めです。タイピングをしても静かで問題ないのですが、1か所キータッチで気になることがありました。

 

「」←このキーが大きすぎて、「Enterキー」に右手の小指がなかなか届かない。

 

3時間程度、この記事を書くのにタイピングしていますが、3時間たった後もまだ慣れずに小指が「Enterキー」をうまく叩けずミスタッチしてしまうのが、何回かありました。

 

これはちょっとしんどいかなと思いました。

 

タッチパッドの感度は?

タッチパッドの操作も感度良好で、申し分なしでした。気になる点は、全体より左寄りに配置されているので、最初は若干戸惑いました。これは慣れの問題だと思います。

 

充実のインターフェイス

マウス【m-book Jシリーズ】右側インターフェイス
↑パソコン右側

 

マウス【m-book Jシリーズ】左側インターフェイス
↑パソコン左側

 

  • ディスプレイ端子 HDMI 左側面×1、D-sub 右側面×1
  • USB3.0 3 (左側面 ×1、右側面 ×2)
  • LAN (1000Base-T/100Base-TX/10BASE-T(RJ-45) / 左側面×1)
  • 無線 IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 最大433Mbps対応 + BluetoothR V4.2 + LE 準拠モジュール (M.2)
  • サウンド ヘッドホン出力(ミニジャック メス/ 右側面×1)、マイク入力(ミニジャック メス/ 右側面×1)
  • マルチカードリーダー(左側面×1)[対応メディア:SDメモリーカード(SDXC,SDHC 含む)、マルチメディアカード]

 

最近のノートパソコンにはついてない、有線LANケーブルの差込口が付いていて嬉しいですね。LANケーブルが使えると、何かと出先にいってWi-Fiが調子悪いと助かります。

 

他にもSDカードのマルチカードリーダーが左側に付いています。これだけあればビジネスシーンでも役に立つインターフェイスではないでしょうか。

 

 

スピーカーは音質は?

マウス【m-book Jシリーズ】スピーカーの位置

 

裏側にステレオ スピーカーが内蔵されています(2箇所)。よくあるノートパソコン並の音質でしょうか。ヘッドホンで聞けば問題ないので、私はノートパソコンに音の良さは求めていません。

 

内蔵スピーカーで音質が良いノートパソコンに私は出会ったことがないので分かりませんが、ノートパソコンに音質を求められる方には、ちょっと気になる部分かもしれません。

【最後に】「m-book J350SN-M2SH2」はコスパ最強!

「m-book J350SN-M2SH2」はコスパ最強!

 

SSD搭載のノートパソコンは初めて使ったのですが、起動も早いし、静かですね。「m-book J350SN-M2SH2」はSSDと大容量HDDのいいとこ取りのモデルです。

 

気になる点はキータッチの箇所ででも書きましたが「Enterキー」が押しづらいところでしょうか。これはある程度慣れてくれば、問題ないかもしれません。

 

 

なによりも、重さ1kg台のモバイルパソコンで「Core i5」、SSD&大容量HDD付のモデルが、10万以下で買えるので、コスパは良いと思います。

 

 

 

もちろんスペックを上がれば上がるほど、もっと良いパソコンはあります。ただ、このスペックで10万円以下で買えるのであれば、満足のスペックではないでしょうか。


 

 

さらにマウスコンピューターは保証期間1年と一緒にに24時間×365日電話サポートが付いてきます。これだけサポートが充実しているのは、他のメーカーにはないメリットです。


今すぐ【m-book Jシリーズ】をチェック!

マウス公式【m-Book Jシリーズ】

icon

セキュリティソフトをお探しの方にオススメの記事

更新費用ゼロ円のおすすめセキュリティソフト(ウィルス駆除ソフト)

 このエントリーをはてなブックマークに追加